3~10元扫雷群二维码

Nippon Tecnology venture Partners
ホーム NTVPについて ポートフォリオ お知らせ ベンチャー・プライベート・カンファレンス ジュニア・ベンチャー・プログラム リンク English
独立型VC
混成型VC
企業グループ型VC
事業会社型VC
コンサルタント型VC
証券系VC
銀行系VC
生損保系VC
政府系VC
外資系VC
その他VC

リンク

日本のVC事務所

3~10元扫雷群二维码新聞・雑誌・ホームページなどから、VC投資を行う投資家を幅広くリストアップしました。全体を「独立型」「混成型」「企業グループ型」「事業会社型」「コンサルタント型」「証券系」「銀行系」「生損保系」「政府系」「外資系」「その他 日本で積極的にVC投資を行っているといわれるVC」に分類し、各事務所に短いコメントをつけました。自分にあったVCを見つける際のヒントにしてください。

3~10元扫雷群二维码創業を計画するベンチャー起業家は、ふるって事業計画をプレゼンテーションしていただきたいですが、事前に「ザ・ベンチャーキャピタル」(ソフトバンクパブリッシング)などを精読して、VC攻略のコツを学びましょう。

なお、データについては最新かつ正確なものを掲載するよう努めましたが、その完全性・正確性・有用性については保証するものではありません。各自の責任と判断のもとにご利用ください。

3~10元扫雷群二维码本ページへのリンクは歓迎ですが、内容の転載については事前にご連絡ください。

最終更新:2010年10月

 

独立型VC
 
ジャフコ出身者が中心となって設立。カカクコム、アイシーエフ、コミュニケーションオンラインなどに出資。
米国ベンチャーの日本進出を支援してきたノウハウを活かし、日本のIT関連ベンチャーの育成及び海外進出支援を行う。
野村證券・ジャフコ出身者が設立。IPR(知的財産権)を評価し投資活動を行う。
シスコ日本法人元会長の松本氏が社長、慶応大学村井純教授・大前研一氏が非常勤取締役。IT関連ベンチャー企業に対する投資・インキュベーションがメイン。
元朝日生命キャピタル出身者が2002年に設立。バイオ、テクノロジー、サービスの3分野を中心に投資。
米国日商岩井出身者が独立して設立。シリコンバレーに本社、東京に日本拠点。日本進出を狙う米ベンチャーなどに投資。
三菱商事出身者が設立。先端技術を有するシーズ、スタートアップの支援、コンサルティングとともに、投資ファンドを運営。
米国Ignite Groupの日本法人。アッカネットワークス等、国内IT企業への投資を実施。
旧通産省の一柳氏らが設立。2001年「一流シーズマネーファンド」を創設。ファンド自体は東京に置くが、一柳氏が関西のVB交流団体を主宰することから、関西へも積極的に投資。
ジャフコ出身者が設立。2001年9月に先端技術企業を対象にクリティカル・テクノロジー1号有限責任投資事業組合を設立。
インキュベイトキャピタルパートナーズ
ジャフコ出身者が設立。民法組合型VC事務所(米型に近い)で深くコミットし支援する体制目指す。ネット系のインキュベートに特化。投資先はエスプール、イーサンポなど。
マイクロソフト前社長成毛氏が設立したVC。VCとともに、中堅企業のIT化を目指したPrivate Equity投資も行う。
マッキンゼー出身者等により設立。2000年にウィル投資事業有限責任組合を設立。事業コンサルティングとともに未公開投資ファンドを運営。
早稲田大学の教授らが設立。早大内のビジネススクールを中心とした起業家教育と連携。
元CSKベンチャーキャピタルの黒石氏らが設立。バイオテクノロジーに特化しシーズ段階から投資を行う。
ジャフコ・JAIC等の出身者が設立。SIP知的創造投資事業有限責任組合を運営。
大阪異業種交流グループのオーナーが中心となって設立。ディー・ブレイン・キャピタルと提携。ベンチャー投資、コンサルティング、及び1社のみに投資するターゲット投資事業組合の組成・運営・代行。
オーブ株式会社
ライフスタイル産業(ファッション、飲食、インテリアなど)に特化して投資。2000年10月に作ったファンドはレートステージ企業へ投資するが、今後はミドルステージ投資も検討。
株式会社クラシック・キャピタル・コーポレーション
住友電工、野村総研を経て独立。投資先の幹部となる等、参画型VCを実践。IT関係のスタートアップ案件を手がける。
クレッシェンドベンチャーキャピタル株式会社
野村アセットマネジメント投信出身者が2000年3月に設立。
1994年設立。VC投資だけでなくM&A、パートナーシップ交渉、新規事業立ち上げ等のコンサルティングも行う。数本の海外籍ベンチャーファンドを運用。
バイオ分野を中心とした企業に投資。
野村総研、ジャフコ出身者が設立。創業期中心。ネット系や介護が主であるが、成熟分野にも興味あり。主投資先:インターネット総研、スカイマークエアラインズなど。
インキュベーション、コンサルティングとともにベンチャー投資も実施。ニフティの出資するWingファンドを運営。
大手IT企業出身者の経験とネットワークを活かしたIT特化型投資。戦略策定、コンサルティングも実施。
パソナ南部社長、ソフトバンク孫社長、マルコー元社長金沢氏などが設立したVC。
投資領域は産業界のニーズと大学シーズのマッチングにより生み出される企業。大学発ベンチャーへの投資を行う産学連携ファンド「ジェービィック産学連携投資事業有限責任組合」ほか数本を運営。
特許・技術評価を実施する株式会社ベンチャー・ラボの関係会社。数本のファンドにより大学発ベンチャーなどのスタートアップ、アーリー期に投資をする他、人材派遣やMOT教育等のベンチャー企業支援も行っている。
株式会社ソフトキャピタル
もともとプロジェクトファイナンスを得意としてきたが1999年から株式投資も行うように。首都圏コンピュータ技術者協同組合と提携しており、ソフト中心に投資。
旧日産コンツェルン創立者が設立した中小企業助成会が前身。欧米有力VCと提携。ハイテクVBに投資すると共に日本の大企業との橋渡しを行う。
米デフタ・パートナーズの日本法人。本社はサンフランシスコ。欧米資金による米国等の海外企業投資が中心。
元経産省官僚が2004年に設立。中国ベンチャー投資を中心にした「日中架け橋ファンド」を運営。
東京エンジェルズ株式会社
旧東京インターネット株主VB数社が中心となって作ったVC。インターネットに特化。投資先は東京めたりっく通信など。
東証上場。企業コンサルティングとともに、自己資金によるベンチャー投資も実施。
「日本エンジェルズ・フォーラム」参加者を核とし、エンジェル投資家の資金をシード・ステージのベンチャー企業に供給することを目的として設立。
日本テクノロジーベンチャーパートナーズ投資事業組合
ジャフコ出身者が設立。独立個人がコンセプト。ハイテク、スピンアウト、スタートアップに焦点。ネット・半導体・バイオを中心に投資。
デジタル・ガレージ創業者らが設立。ネット関連創業期の投資育成を行う。
アンジェスMG株式会社のファウンダーを中心に個人が出資して設立。大学や研究機関発のバイオベンチャーへの投資・育成を行う。2004年4月より大阪府/地域振興整備公の「彩都バイオインキュベータ」運営も開始。
バイオ・ヘルスケアに特化したVC。日本政策投資銀行等により、「バイオテック・ヘルスケア一号投資事業有限責任組合」を設立・運営。
プライベートエクイティジャパン株式会社
光通信出身者らが設立。インキュベート型を目指す。
電気メーカー、コンサルティング出身者が2002年にシリコンバレーのベンチャーキャピタルからスピンアウトし設立。「日本発の世界的なベンチャー」を生み出すことを目的とし、情報処理、通信の分野を中心に、創業期からの支援を行う。
京都に本社を置く独立系VC。投資先に深く関与し育成を行う。地域VCファンドも複数設立。2001年ヘラクレス上場。
ベンチャー・イノベーションズ株式会社
ソフトバンク・インベストメント出身者が設立。「ベンチャー・イノベーションズ・インターネットファンド」など複数のファンドを運用。
タナカグループ。採用した社員が事業企画者となりビジネスプランの実現を支援するとユニークなインキュベーター。ベンチャー投資も実施。
ベンチャー企業の技術・特許評価や技術指導が主力。VCファンドは子会社のスカイスター・ファイナンスマネジメントが運営。
北海道発の独立系VCで、数本のファンドにより主に北海道関連ベンチャーへ投資。北海道地元公開会社等がバックアップ。
ボストンベンチャーパートナーズ株式会社
大和証券、ジャフコ等の出身者が設立。IT関連分野に特化し、複数のファンドにより国内・海外レイターステージに投資する独立系VC。
神奈川県地元有力企業の支援により横浜キャピタル出身者が設立。神奈川県を中心とするアーリー、ミドルステージ企業を中心にハンズオン型投資を実行。
ジャフコ出身者が設立した米国シリコンバレーが主拠点のVC。米国の情報通信分野に特化、シード、アーリーに焦点。2001年には1200億円のファンドを設立。
ページトップに戻る
Copyright 2001-2005 NTVP. All rights reserved.
1元起pc微信群_HOME 2019龙虎和群微信群二维码_HOME 11选5微信群二维码_HOME